工場での仕事だからといって油まみれになるとは限らない!

製品の箱詰め作業は体力的にもきつくない

工場で働くと聞くと、仕事がきついのではないか、油まみれになるのではないかといったイメージを抱く人が少なくないでしょう。実際、刑事ドラマなどで工場の従業員に聞き込みするシーンなどでは、作業服が油まみれになっている人が出てきたりします。
ただ、確かに働くと作業服が汚れる工場の作業も存在しますが、清潔な環境で体力的にもそれほどきつくない工場の仕事もあります。たとえば、どのようなものがあるのかというと、まず製品の箱詰め作業です。家電や食料品など、工場で作られたものを袋に入れて、段ボールに詰め込むといったことを行います。軽いものの箱詰めであればずっと座ってできることもあり、女性でもできる作業といえるでしょう。

集中力が求められる検品作業

ピッキング作業も服が汚れるといったことはありません。ピッキングとは指示書などにしたがって工場内のいろいろなところにある商品やパーツを集めるといった作業のことです。基本的に座ってできる作業ではなく歩き回ることが多いので、体力的には多少大変ですが、力仕事というわけではないのでやはり女性でも可能な仕事といえます。
検品作業もやはり立ちっぱなしで行われることが多いですが、油まみれになることはまずありません。どのような作業内容かというと、工場で作られた商品が出荷基準に沿っているかを一つ一つチェックしていくというものになります。立ちっぱなしということ以外、体力はあまり消耗しない作業ですが、集中力を求められるので気疲れすることはあるでしょう。

大阪の工場の求人でその工場内作業にてキャリアプランの有無を良く確認する事をお勧めします。誰も一生を単純作業のみで終わらせたくは無いでしょうから