自分自身の人脈を使って探す

医師は、まず大学の医学部に入学します。医学部の同期生や先輩、後輩などとそれなりに知り合いになるでしょう。担当教授などともコミュニケ―ションが取れるはずです。その後医師国家試験合格後に研修医としての勤務があります。この時にもいろいろな人たちとコミュニケーションができます。さらに、研修医を終えて自分なりの進路を決めて医師としての仕事をしていきます。この時にも多くの人との人脈ができます。転職を考える時、これまでの人脈をうまく使う方法があります。その人たちが働いている病院などに聞いてみて、医師の空きがないか、一定の技術のある医師を必要としていないかなどを聞いてみます。さらに人脈の人脈を使って聞いてもらう方法もあります。

広く求人情報を利用して探す

医師は、全国において足りている状態ではありません。不足している状態とされています。すべての医療機関で不足しているわけではなく、一部で不足し、一部で過剰なところもあるかもしれません。ちょうどよいところもあります。不足しているところは困りますから求人を出して充足できるような活動をしています。医師が転職をするときには、広く求人情報を利用して仕事を探す方法があります。一般的な転職と同様に一からすべて自分で探し、面接などを行うときもありますが、エージェントサービスであればほとんどをエージェントが代行してくれます。希望さえ伝えておけば、それに合った求人を見つけてくれて面接などのスケジュールも組んでくれます。仕事をしながら転職活動ができます。

医師の募集では医師が条件を登録しておくと派遣会社が条件にあった病院を紹介してくれるので安心できます。