就職活動の心構え!やりたいことを見つける!

就職活動で大事なのは自分の気持ち

就職活動を始めるようになると就職活動自体が目的になってしまって、就職したい気持ちというのがあいまいになってしまうことがよくあります。就職活動は一生を決めるかもしれないものですので、自分がしたいことを前提に就職することが大事です。そのためにはやりたいことを自分の中で見つけて、それに近い職業を探すことが必要になってきます。就職活動をする前に自分の中のやりたいことを整理するといいでしょう。その部分が中途半端になってしまうと、就職した後に後悔する可能性があります。

やりたいことの見つけ方

自分の気持ちを整理する時に大事なのは、自分の過去を見つめ直すことです。一生この分野で過ごしてみたいとか、この仕事をしてみたいという気持ちは過去の体験からしか生まれません。その体験を思い出すことから始めることが大事です。就職活動を始めるというのは自分の過去の棚卸でもあるのです。どのような体験が楽しかったかを考えて、どのような仕事ならしてみたいかを考えます。職種でなくても、分野や業種などでもいいのです。自分がやりたいことをできるところを見つけることが大事です。

やりたいことを見つけたら合う会社を探す

やりたいことは簡単に見つかったけど、そんな会社がないということがあるかもしれません。すべての条件がそろっている会社というのは難しいかもしれませんが、条件をいくつかクリアする会社ならあるでしょう。最初からすべてが揃うことはありませんので、条件を少なくして探し直してみます。ベストな会社はないかもしれないので、ベターな会社を探します。

新卒紹介」とは、学生が希望の企業を探すのではなく、紹介会社が学生のプロフィール等をもとに採用条件の合う企業を紹介するというシステムです。昔からある「自主応募」とは大きく異なることがわかります。